あなたのブラウザはJavaScriptが利用できません。

LiveComponents FAQ ---回路図シンボル TechLIB-SCH

 LiveComponents FAQ・Tips

ライブラリを充分に使いこなして頂く為に参考にして下さい。 更新日: 2007/11/09
作図に便利な機能や、使い方の紹介もしています。
 1.はじめに  
 

初心者の方にも理解して頂く為に、可能な限り解かりやすく説明を書くように努力していますが、
お気付きの点が有りましたら、ご連絡下さい。

基本的には、ライブラリを制作し、回路図を描くために必要なノウハウや便利な機能を紹介します。

 

 

 2.回路図ライブラリについて →→ ライブラリについて
 
回路シンボルは、絵柄だけではありません!! ライブラリは、多くの属性を内部に有しています。
この内部情報(属性)を如何に利用するかで、プロジェクト全体の能率・効率が変わってきます。
しかし、属性の整備・保守には膨大な時間・手間を必要とします。
ライブラリに対するこれらの手間を省いてしまうと、一見、能率・効率が良く無駄が無いように思えますが、
これは、DOS時代のCADの使い方と同じで、手書きの回路図と同じ様なものに為ってしまいます。
これでは高価なCADを使う意味は全くありません。単純な描画ツールの利用と同じです。
回路図に多くの情報を埋め込み開発設計以外の工程や他の部署でも情報利用が可能な内容にすることが、重要です。
回路図シンボルライブラリの属性の種類が後工程の情報利用のカギと為ります。
属性が多ければ良いというものではありませんが、最低限の属性は埋め込む必要はあります。
LiveComponents の標準属性は以下の通りです。
HelpURL メーカのホームページアドレスを記入。本来はPDFデータシートにリンクすると便利に使えます。 (ユーザー)
Manufactuer P/N メーカの詳細型名を記入。
(バルク・テープ・リールサイズなどの梱包形態は省略している場合がます)
(ユーザー)
Manufactuer コンポーネント製造メーカ名 (ユーザー)
Comment 定格値やシリーズ型名を記入しています。LEGACYでは"PartType"に相当します。 (システム)
Footprint メーカ呼称があれば、それを使用。無ければシリーズ又は、部品型名を使用。
複数は設定しません。部品型名と1対1にしています。
(システム)
 
 3.使い方について    
 
ヒューズライブラリの正しい使い方について(部品表との関係) −−−> HowTo001.pdf
ロジックICライブラリの正しい使い方について(正論理と負論理) −−−> HowTo002.pdf
Normal モード と Alternate モード −−−> HowTo003.pdf
ピン(Pin)と表示マージンについて −−−> HowTo004.pdf
★ 準備中    
     
 4.部品表について →→→ テンプレートのサンプル
 
 ★ はじめに
Altium Designer6 には、“Simple BOM”と“Bill of Materials”の2種類の部品表出力コマンドが在ります。
 “Simple BOM”は、

“Comment”,“Pattern”,“Quantity”,“Components”の4種類のライブラリ属性を“BOM”ファイル,“CSV”ファイル形式で
部品表を出力します。

“Bill of Materials”は、

ユーザが指定した属性をすべて出力します。選択した属性での取りまとめも行います。
部品表テンプレートを指定すれば、実用的な部品表も出力可能です。
この機能を充分に活用するには、ライブラリの属性を正しく入力し、常時管理する必要があります。

     
     
 5.ショートカットキーの活用について Schematics (SCH) & Library (LIB) 左手をもっと使いましょう --->>>

メニューと
ショートカットキーの
一覧表ページは、こちら

  Altium Designer6 は、ショートカットを自由に編集できますから、カスタマイズして作業効率アップしましょう!
 
Windowsと同じ機能のショートカットキー
セレクションのコピー(Copy) Ctrl+C E > C
セレクションのカット(Cut) 切り取り Ctrl+X E > T
ペースト(Paste) 貼り付け Ctrl+V E > P
アンドゥー(Undo) 元に戻す Ctrl+Z E > U
リドゥー(Undo) やり直し Ctrl+Y E > Y
セーブ(Save) 上書き保存 Ctrl+S F > S
プリント(Print) 印刷 Ctrl+P F > P
ナレッジセンター(Help)

F1

ナレッジベースの
ヘルプ
ファイルを閉じる Ctrl+F4 F > C
ファイルを開く Ctrl+O F > O
印刷 Ctrl+P F > P
     
表示関連機能のショートカットキー
ズーム シート ----- Z > S
ズーム オール Ctrl+PageDown Z > A
ズーム イン PageUp Z > I
ズーム アウト PageDown Z > O
ズーム セレクション ----- Z > E
ズーム パーン Home Z > P
ズーム 50% ----- Z > 5
ズーム 100% ----- Z > 1
ズーム 200% ----- Z > 2
ズーム 400% ----- Z > 4
ズーム ラスト ----- Z > L
ズーム リフレッシュ End Z > R
全画面表示 Alt+F5 -----
     
使用頻度の多い機能のショートカットキー
コンテキストメニュー マウス右クリック 操作中に実行可能な
メニューの表示
プロパティ TAB ドラッグ中に有効
セレクションの左回転 Space M > E
セレクションの右回転 Shift+Space M > L
セレクト時のヘルプURL F1(SCH) 設定URLをオープン
     
システム関連機能のショートカットキー
プリファレンス (SCH) ----- T > P
プリファレンス (LIB) ----- T > N
ドキュメント オプション (LIB) ----- T > O
ドキュメント オプション (SCH) ----- D > O
パラメータ マネージャ (LIB) ----- T > N
モデル マネージャ (LIB) ----- T > A
     
編集関連機能のショートカットキー
セレクト オール Ctrl+A S > A
テキスト検索 Ctrl+F E > F
類似オブジェクトの検索 Shift+F F > N
プロジェクトドキュメントを開く Ctrl+Alt+O -----
2点間の計測 Ctrl+M R > M
     
その他機能のショートカットキー
前のモードへ (LIB) Shift+Ctrl+P -----
次のモードへ (LIB) Shift+Ctrl+N -----
     
   
 

Copyright © 1996-2010 ORG Systems Ltd. All Rights Reserved.          免責事項について